服が汚れないように食べよう

この記事をシェアする

こぼさないように食べる

染みがつかないよう食べることも、意識しなければいけません。
食べかすが服に付いたら、すぐに拭き取ってください。
そのままにしていると、染みになって取れなくなってしまいます。
汚い服で、お客さんに接することは絶対にいけません。
エプロンなどを持って来ると良いですね。
それなら、食べかすがこぼれてもエプロンがガードしてくれます。

替えの服を持ってくるのは荷物になるので大変でしょうが、エプロンなら薄いのでカバンにも入ると思います。
こぼれないようゆっくり食べることも大切ですが、万が一こぼしてしまった場合でも大丈夫なように準備を備えておきましょう。
カレーは臭いもきついですし、染みになりやすいので避けた方が良いです。

周囲の人に迷惑を掛けない

自分の服を汚さないことに集中して、周囲が疎かになる人が見られます。
しかし周囲の人の服を汚さないよう、真剣に食べることも待機室でのマナーです。
そもそも周囲に人がいる時は、少し離れた場所で食事をしましょう。
それなら飛び散っても、被害が及ぶことはないと思います。
他人の服を汚すと、弁償などのトラブルに発展します。

一緒のお店で働く仲間なのに、亀裂が生じたらこれから仕事をやりにくくなってしまいます。
スタッフ同士が険悪な雰囲気だと、お客さんにも伝わります。
そんなお店は気まずいだけなので、利用したいと思いません。
お客さんが減る原因になります。
周囲に迷惑を掛けないよう注意するだけで良いので、マナーを守ってください。