お腹が空いても大丈夫

この記事をシェアする

迷惑を掛けないように利用する

周囲に迷惑さえかけなければ、待機室では自由に過ごせます。
ゆっくり身体を休めたり、食事を済ませてください。
料理は、臭いがしないものを選択しましょう。
他にも待機室を使っている人がいます。
食べている本人は料理の臭いがそれほど気にならないかもしれませんが、周囲の人は非常に気になるかもしれません。

また待機室は、あまり広くないところが多いです。
狭い部屋で臭いのきつい料理を食べると、すぐに充満します。
その後はお客さんに接すると思いますが、口臭が気になってお客さんを不快にさせるかもしれません。
好きな料理でも、臭いが気になるものだったら避けてください。
仕事が終わってからなら、どんな料理を食べても構わないので少しガマンしてください。

具体的な料理名を知る

臭いがきつい料理は避けた方が良いとわかっていても、どのくらいの料理がダメなのか判断できない人が見られます。
一般的に、ラーメンや餃子、アルコールやキムチなどが挙げられています。
それらは食べないように注意しましょう。
意外と盲点になりやすいのはパスタです。
パスタは特に、気にならないと思っている人が多いでしょう。

しかしニンニクを使っているパスタは、想像よりも臭いがきついことがあります。
コンビニなどで、料理を調達する人が多いでしょう、
その場合は原材料を見て、何が入っているのかチェックしてください。
ニンニクやニラ、ショウガなどが使われていなければ問題ないと思います。
働いている時は、そこまで気をつけなければいけません。